現在のページ : トップページ

早漏だといわれる理由

包茎の嫌なイメージの一つに、「早漏」というものが存在してきます。
この「早漏」で悩む男性は決して少なくはありませんし、女性との性行為で相手を十分に満足感を与えることができなく自信喪失に陥っている人も多くいるのではないかと思われます。
この、「早漏」が原因で別れることになったカップルも現にいることでしょう。
ということから、一般的には「包茎=早漏」ということが定着しているのではないでしょうか。
ですが、この「早漏」というのは包茎が最もの原因なのか気になると思われます。

正直なところそうとも限らないといわれているのです。
「早漏」の原因は医学的には解明されていない部分なのですが、包茎だからといって「早漏」ともいい切れない部分もあるのです。
亀頭が皮に覆われていると、普段下着などと擦れ合うことがありません。
そのため、外部からの刺激に弱くすぐ射精に達してしまう、というのが「包茎=早漏」だといわれる大きな理由なのです。

確かに性器の感覚が鋭いのか鈍いのか、という点は射精が早いのかどうかに関係してくるというのは説得力があります。
「早漏」を嫌がる女性はもちろん多数存在してくると思われます。

性行為の際にもこれから楽しめるところだというのに、早く射精されて性行為が終わってしまえば、女性にとってもフラストレーションが溜まる大きな原因ともいえるでしょう。
この相手を満足させられないのが、「早漏」という悩みではないかとも思われます。